2021-03-19

[Rust] フォルダ構造

Rust

Rustプロジェクトのフォルダ構造

ルートフォルダ:README ライセンス情報 設定ファイル コードに関係しないもの などが置かれる最上位のフォルダ

.cargo/
benches/ ベンチマーク用の、ソースコードを配置するためのフォルダ
examples/ 使用例を配置するためのフォルダ
target/ ビルドで生成されるデータの置き場所
| debug/ cargo build/runで生成される実行ファイルが置かれる
| doc/ cargo docで生成されたドキュメント置き場
| release/ cargo build/run --releaseで生成される実行ファイルが置かれる
| src/ ソースファイルのフォルダ
  | lib.rs:クレートにおいて中心的役割を果たすソースファイル
  | main.rs:Rustが最初に実行するファイル
    | main():Rustが最初に実行する関数
  | bin/ 追加のバイナリを生成する場合に使用(ここにa.rsを配置するとa.exeも同時に生成される b/main.rsを配置すればb.exeが生成される)
| tests/ (主にプロジェクト全体の結合)テストを配置するためのフォルダ