2021-02-27

[知っておきたいニュース] アドウェア化しているiPhone

もはや「iPhoneのOSはアドウェアと化してしまったのではないか?」との意見がネットで激論に

iOSの世界

 そもそもiPhoneを使ったことがないため、詳細まで言及はできませんが、インターネット使用時に広告を目にすることはほとんどなく、迷惑メールを受け取った経験もここ15年ばかりは一度もなく、YouTubeに広告が表示されることを知ったのはYouTuberというものが大分有名になった後で、消せない広告のある環境は使用する気にもならない・・・という基準があるので、それ未満の環境下でのコンピュータ使用にはかなり不満を持ってしまうと思います。
 欲しいものがあれば自分で探しに行くため、他者に押し売りのように広告を見せられても、それによって購買欲求が高まることはまずありません。
 Aaria.netもGoogle Adsenseを完全にGoogle任せで貼り付けているだけの状態で、広告ブロック設定をしているブラウザに対して表示を拒否するなどと言った対策は一切していません。
 アーリア自身、「ユーザーの自由」を第一に考えているため、その選択肢を不当に制限することは好むところではありません。
 デフォルトで広告まみれというのも充分に不満を感じるところですが、設定や対策次第で完全に広告0(あるいはほぼ0)の環境にできるのであれば、それでいいのではとも思っています(その自由さえ与えられていないのであれば問題です)。

アーリアにおいて

 元々が自身にとっての理想を実現するために制作したシステムのため、極限までミニマルを追求しており、(特に見栄え的な)デザインさえも「0」を理想としています。ユーザーが自由に制御できるソフトウェアこそ理想と考えておりますが、Aaria.exeを完全に制御できるのは制作者(プログラミングコードまでいじれるため)だけであり、ユーザーに対してはミニマル(最小限)という自由を束縛しないスタイルでのご提供になっています。アーリアとしての理想は、プログラムコードも含めて(これは詳細に簡易にあらゆる設定ができるという形で)自由に制御できるソフトウェア(やゲームソフト)の追求と提供です。デジタルデータもソフトウェアも、100%自分で思い通りに制御できてこその理想だと考えています。Aaria.exeがiOSでなくWindows 10を基盤とする理由の一つも、シェアだけでなく自由度の問題にあります。スマホ対応時はAndroidか最近注目しているARM版Window 10(Win10スマホ)になるでしょう。

Chrome拡張機能について

 最近Chrome拡張機能の作成を試したのですが、広告ブロック機能との相性の問題で、実装させたい機能が上手く動きませんでした(動かすには広告ブロックを切らなければならない)。
 面倒な追加設定を要求することはシンプルでなく、Aaria.exeの全ての機能を使うのにChrome環境を要求するのはユーザー側の自由度を制限してしまうことにもつながるため、Chrome拡張機能の実装は今後とも予定はしていません。
 正直なところ、代替機能は既にAaria.exeに実装されており、Chrome拡張機能は何か新しいものをもたらすものでもなかったため、追加するだけでブラウザが重くなっていくと言われるChrome拡張機能の作成は行わない方向で考えています。