2021-02-27

[Aaria] ZettelkastenをAaria.exeで使う

効率的なノートを作成できるドイツの社会学者が生み出した方法「Zettelkasten」とは?

Aaria.exeの色々な使い方

 上のZettelkastenは、Aaria.exeでも実現が可能です。元々辞書(百科事典)自作、デジタルデータの整理、ウェブページのお気に入り整理、日記やメモ、スケジュール管理の他、Windows 10内のソフトやファイルの起動など、多くの用途に使えることを想定していますが、ミニマル設計のため、想定外の使用方法にもある程度対応可能な性質を持っています。
 また、プログラム処理を最小限に絞っているため、動作も高速で、慣れてしまえばほとんどのことをAaria.exeに任せることが出来るでしょう。全ての情報をローカルで扱う点でも情報漏えいの可能性はなく、クラウドでは実現できない基準の安全性を確保できます。
 ほんの僅かの例外を除き、Aaria.exeはユーザーが意図しない処理を行わないことを基準とした設計になっています。詳しい処理内容は全てAaria.exeのマニュアルに記載してあります。裏(ユーザーの知らぬところ)で勝手な処理は一切行いません。

Aaria.exeの今後

 Aaria.exeは現時点でほぼ完成バージョンにあります。アーリア自身もメインで使用しているソフトウェアであるため、「新しいバージョンが古いバージョンの.dbを扱えない」などといった事態が起こらないよう(安心して現バージョンにて.db作成を行っていただけるよう)、新機能実装やバージョンアップの際も互換性を最大限重視しています。もちろん未来にどのような変更要求が生じるかを完全には予想できないため、予めそのような事態が生じにくいような設計を組み込んでいます。
 可能性としてあり得るのは、新タグの実装により既存の.dbに使用していたタグが想定しない動作を引き起こすことです。現在<z,dede>は何の機能も持たないためそのまま表示されますが、将来<z,~>タグに機能が実装された場合、何らかの誤作動を起こす可能性は出てきます。その際は全文検索にて「<z,」を「&lt;,」に書き換えれば解決します。予約語は設けていませんが、<タグ>は基本&lt;タグ&gt;と表示しておくことが推奨されています。
 将来VRを使ってWindows 10を便利に操れる時代が到来した際、Aaria.exeもVR対応する予定があります。もちろんそのまま便利に使えれば問題ないのですが、その時代に応じた最適なバージョンアップこそ理想とも考えているので、それまでには想定しなかった変更が加わる可能性もあります。