2020-06-07

[51] ミニマルなBear Blog


まず当記事のスタイルについて

  上記で参照している記事サイト(GIGAZINEさん)のように、1から自分で調べて自サイトの記事で完結するスタイルの方が、アクセス数を稼ぐ点でも有利なのでしょうが、プログラミングの世界でよく言われる「車輪の再発明はするな」の精神で、参照できる情報は積極的に参照していくスタイルでいきたいと思います。

実際に使ってみた

  登録は非常に簡単で、すぐに完了できました(→アーリア)。かなり流し的な文章ですが、3つほど記事も作成してきました。独自ドメインも利用できるようなので、サービスが今後どれだけ継続されるかの心配は別として、本格的に使っていくこともできそうです。印象としては手軽さの面でブログよりもTwitterに近いものを感じました。シンプルで地味なので、見栄えを重視する方(かた)が使う場合、色々と工夫や手間は要求されそうです。改行もbrタグを手書きでつける必要があったり、リンクタグも自分で打たないとならないことを考えると、シンプルやミニマルを重視する方との相性がやはりよいように思います。

情報の輪を広げるスタイル

  ミニマルを好む故、この度の新ドメイン取得に際し、大分登録アカウントを整理しましたが、上記「Bear Blog」の登録など、何か別枠的なところで、多くのサービスを横断的に広く活用していくスタイルでいこうかと考えています。お金や維持のための作業ノルマのような何かしらの負担がかかるものでもないため、またパスワードも少々独特の方法でつけているため、とあるサービスのパスワードが漏れても他サービスへの被害が起こる心配はなく、パスワードをどこかに記録したり記憶したりする必要もないため、管理負担もほとんどありません。

退会作業の方が実は手間

  最近では、サービス登録作業よりサービス退会作業の方がずっと手間がかかるケースが多いように思います。退会せず放置して、サービスがハッキングされてもこちらに被害はこないレベルの情報のみ登録、もちろん個人情報も「登録用」のものを用意することでリアルに悪影響のないようにしておきます。ミニマリストの方なら物がない「0」の効果の大きさを肌で感じた経験は多くお持ちのことと思いますが、たとえ無料とは言え、リスクも含めた「サービス登録状態」が「0負担」であることを意識した無料ウェブサービス(登録)利用は、特に数多くのサービスを登録/利用する場合には必要になってくることと思います。